ロービジョンフットサル
丸分かり解説

 

ロービジョンフットサルとは

全盲ではなく、弱視の方が行うフットサルです。良くブラインドサッカーと比較されがちですが、ロービジョンフットサルは目隠しをしません。またボールから音がなることもありません。

つまり、一見すれば、普通の健常者がフットサルをしているように見えるのが特徴です。しかし、良く観察するとわかるのですが、やはり弱視なので、プレーのやり方やフットサルの戦略戦術が異なります。

ここが面白いポイントで、見えるようで見えない中でフットサルをする怖さがありながらも、戦略的に試合を動かすハイレベルなスポーツなのです。

 

ロービジョンフットサルの特徴的なルール


普通のフットサルと基本的なルールは同じ
キーパーは晴眼者または弱視者
B2選手をフィールドに最低2名
B3選手は腕章をつける

キーパーは晴眼者または弱視者なんです。
なので、キーパーが、声を出して選手に支持を飛ばします。
普通のフットサルとも違い、ブラインドサッカーとも違うスポーツなんです。

 

どこからが弱視なのか

障がい者スポーツにおいては、ロービジョンを以下のように分類しています。そしてこの中でもB2,B3の選手がロービジョンフットサルを行います。

B1 : 全盲から光覚(光を感じられる)まで
B2 : 矯正後の診断で、視力0.03まで、ないし、視野5度まで
B3 : 矯正後の診断で、視力0.1まで、ないし、視野20度まで

いわゆる、B1がブラインドサッカーです。B2,B3と診断された選手がロービジョンフットサルを行います。

 

 

見え方

見え方は様々で一般的な「目が悪い」ではありません。ただ単に視力が悪いのではなく、人それぞれの見え方が異なるのです。

ロービジョンフットサル_見え方
(引用:https://blindsoccerb23-2013.jimdo.com/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF/JBFAロービジョンフットサルサイトより」)